2016-07-02_150231

私はここ最近、抜け毛がすごく増えてきたと感じています。ただいったいいつ頃から抜け毛が増え始めたんだろうと思い返してみるとまったく思い当たることはなく、いつの間にか気がついたら増えていたといった感じです。

そしてとくに気になっているのがお風呂で髪を洗った後で、排水溝には抜けた髪がごっそりと落ちているので、このまま行くと髪がなくなってしまうのではないかと不安に感じています。

ですが私は女性なので髪は何より大切ですし、薄毛になんてもちろんなりたくはありません。それはいくら年齢を重ねても同じことで、いくつになってもいろんなヘアスタイルを楽しみたいものだと思っています。なので今のうちからしっかり抜け毛対策をしていきたいところなのですが、これといった原因が思い浮かばないのです。

最近ヘアケアの方法を変えたといったこともなく、食生活も栄養バランスの良いものを意識していますし、たまに夜更かしをしてしまうことはあるものの一応睡眠も十分足りているはずです。そうなるとあと残るのは加齢によるものくらいで、私自身アラフォーを迎えたため、もし加齢が原因ならこれまでと同じようなケアでは足りなくなってきているのかもしれません。

そこで最近考えているのが女性用の育毛シャンプーで、一度試してみようかなと思っています。シャンプーなら育毛剤よりも気軽に使えそうだし、ケアに手間がかかるわけでもないので続けていくこともできそうです。なのでまずは育毛シャンプーで抜け毛対策をしていこうと思います。

髪の絶頂期は二十歳。それ以降は下降していく。そんな話を聞いたことがあります。最近、それを身を持って感じています。

私の髪は、自分で言うのも難ですが、ものすごく綺麗でした。さらさらで量も多くて、そのうえ漆黒。よく友だちには羨ましがられました。それでも、特にヘアケアなどはしていませんでした。シャンプーとリンスだけ。それすら母親任せでした。

ところが最近になって気付いたのです。髪が何となくざらざらし始めていることに。そろそろヘアケアが必要かなあ。そう思い始めた私は、トリートメントを使っている妹に相談しました。すると、同じブランドのものでも何種類かあるから直接店に行って探した方がいいとのこと。妹に言われるがまま、私はドラッグストアに行って、値段も手頃、それでいて今の髪の悩みに合いそうなトリートメントを購入しました。

2016-07-02_145953

そして、使い始めると、やっぱり髪質は変わってきました。往事のさらさら感を取り戻し始めたのです。私は感動しました。 更に最近、髪を切ったらものすごくはねるようになっていたので、それも悩みでした。妹は寝癖直しとケープを使っていますが、私は特に髪を固めたいわけではないので、寝癖直しでいいかなと思って買いに行きました。

ヘアケア商品のコーナーはトリートメントが中心で、そのほかはヘアワックス、といった感じで、私の欲しいものにはなかなか出逢えませんでした。どこに寝癖直しはあるのだろう、と探していると、ある商品が目に入りました。どうやらコスメ情報サイトで一位を獲得したらしいヘアクリーム。値段も手頃で、当初買おうと思っていた寝癖直しよりも安いくらいです。テスターを試した感じがよかったので、私はそれを購入することにしました。

翌日から使ってみましたが、使う前の自分の無精さが思い知らされるほど、ヘアクリームは役立ちました。 やはり、年齢には年齢に合ったヘアケアが必要なのだな。遅ばせながら、そう感じた私でした。

若者には定着したヘアカラーですが、髪を染めるととても髪が傷みます。美容院でカラーをすると決してお安くはありません。また髪を染めてしばらくすると根元から地毛が生えてカラーした所と色が変わってしまいます。そのため一定の頻度で行かなくてはなりません。また自宅で染める方は市販のカラー剤をお使いになると思います。市販のカラー剤は特に髪が傷み、さらにブリーチをするともう髪はギシギシです。市販のカラー剤には殆どの色味もすでにブリーチが入っているため、髪が傷みやすいのです。

ですが髪を染めたい、と思う方は多いです。私はカラーをする時「カラーバター」を使っています。カラーバターはカラーバター販売店やインターネットで購入できます。このヘアカラーは髪が痛まないのが特徴です。自宅で手軽にできるのでおすすめです。

2016-06-21_105223

使い方は簡単です。まず髪をシャンプーして清潔にします。そしてビニール手袋をした手でカラーバターを手に取ります。その状態、もしくはリンスと混ぜて髪に塗っていきます。あとは20分くらい放置して、洗い流せば終わりです。これだけで自分のすきな髪色になるのでとっても嬉しいアイテムです!

カラーバターは色がとても豊富にあるので、普段使わない色味を試したい方にもおすすめです。鮮やかなグリーンやブルーなどもあります。カラーバターは混ぜ合せて使うことができるので、自分で色を作ることができますよ。ブラウン×ピンクなどは光に当たると、髪がピンク色に映えるので明るい印象になります。またカラーバターは必ず退色するので2週間だけカラーを楽しみたい方にも丁度いいと思います。

カラーを繰り返して髪が傷んでいる方にはとても嬉しいアイテムです。ちょっとした気分転換で髪色を変えたい方もぜひトライしてみて下さい。

薄毛、抜け毛はどういうメカニズムで起こるのでしょうか。それを理解するにはまず「ヘアサイクル」を知っておく必要があります。

ヘアサイクルは3期に分かれています。具体的には以下の通りです。

2016-06-21_104906

まず、休止期です。これは、今生えている成熟しきった「硬い毛」の脱毛が始まると共に、次の新しい髪の毛が生まれ始める時期で、だいたい2~3か月続きます。

次に、成長期です。毛根の中にある毛乳頭が活発に活動して、毛母細胞が盛んに細胞分裂を行い、髪がどんどん成長して伸びていく時期です。これが2~6年続きます。ですから、大体の毛はこのサイクルになっていて、放っておくことで(切らないでおけば)どんどん伸びていくわけです。

最後に、退行期です。この時期は、毛母細胞が細胞分裂をやめ、毛母と毛乳頭が分離して髪の毛の成長が止まってしまう時期です。同時に毛根が頭皮の方へ上がっていき、髪の毛は抜けやすい状態となります。これが、大体3~4週間続きます。通常の抜け毛はこの時期に発生します。

以上が「正常な」ヘアサイクルですが、これが何らかの理由(ストレス、生活習慣、遺伝など)によって、狂うことで、抜け毛や薄毛が起こります。具体的には、成長期が通常2~6年あるところを、1年程度になってしまうのです。そうなると、十分に髪の毛が成長しないうちに、退行期に入って抜けてしまい、その結果、十分な量の髪の毛が頭皮に残らずに、薄毛が生じるのです。ですので、薄毛、抜け毛で抜けた毛を見るとどれも細くて短い「未成熟な」毛になっているはずです。

以上が、抜け毛や薄毛の発生するメカニズムです。

私は現在30歳。
今現在は何とか髪の毛を保っている状態で、いわゆる薄毛にはまだなっていないと思っています。しかし、もともと髪の毛の量は少なく、髪も細いため、いつかは薄毛になる日が来るのではないのかと不安な気持ちは常々感じています。

それに加え昔に比べて髪のボリュームがなくなってきたように感じます。今から抜け毛予防に努めるべきではあると思いますが、なかなか実行に移せないでいます。育毛剤をただ使えばいいだけとは思えないし、生活習慣がかなり影響すると聞いたこともあるのでそこから直さなければなりません。

ストレス、食生活、睡眠時間など髪に悪いことは心当たりがかなりあります。しかし、サラリーマンである私は、今の生活習慣を髪の毛の為だけに容易に変えることはできません。すでに結婚し、子供も2人いる身です。自分の身なりを気にして仕事に集中できず日々の生活が脅かされるのであれば、家族は私が薄毛になることに大きく賛成すると思います。

2016-06-13_134410

かと言って、薄い頭の夫、父親がいいということではありません。なるべく薄毛の進行を抑え、最悪、薄くなってきてしまった時には、かっこよくハゲることを実現しなければなりません。かっこよくハゲルとはどんなことなのか。芸能人に例えるなら、竹中直人や所ジョージなどはまさにかっこいい薄毛の代表格といえます。そのような薄毛になれるのであれば髪が薄くなってもかまわないと思っています。いつか来るその時まで、かっこいいハゲ方を研究していこうと思います。